about

筆を使わない画家 東京から鹿児島、日本半周 北を自転車で旅しました。
2018年からアフリカ大陸を旅します。
僕が旅をする理由は絵を描くのも勿論ですが、様々な環境で生き、死んでいく人々が、植物や虫、鳥や魚、爬虫類、両生類、哺乳類など、命に対してどう意識して生きているか。
それを自分の目で見て、耳で聞いて、感じて、体験する為です。
そうした上で僕がしたいこと。
少しでも、他の命の犠牲を少なくする選択をするように、意識し考える人を一人でも増やすことです。
僕らは生きていくうえで決して逃れられない命の犠牲に対しての業と、今までの自分をつくってきた命に対して、無駄にしないように生きる責任がある。
少しでも命の犠牲を減らせる選択肢があるなら、それを選びたいのです。
少しの意識でそれが出来ます。
生きていく命、死んでいく命を意識することで、それは出来ます。
保護でも破壊でも虐待でも愛護でも管理でもなく、ただ意識する。
考える。
そういう人を少しでも増やすために、僕は旅を続け、絵を描き続けます。